リメディアル教育が必要な学生が多数在籍する大学が増えている。そのため,日本リメディアル教育学会は,組織的な研究と具体的な対応策を共有し,具体的な成功事例の研究,啓蒙活動報告や社会への提言などを行う。

第17回全国大会 (令和4年/2022年)

 

日本リメディアル教育学会
第17回全国大会・総会

日本リメディアル教育学会
第17回全国大会実行委員会

テーマ:あらためて高大接続を問う

リメディアル教育学会では、これまでも「高大接続」をテーマとして取り上げてきました。入試制度や初中等教育カリキュラムの変更などは、大学教育に大きな影響を与え、本学会でもそれらに対応する教育実践が数多く報告されました。
第17回大会であらためて「高大接続」をテーマとして掲げるのは、教育制度の改革に加えて別の次元の変化が大学教育に大きな影響を与えることが予想されるためです。2022年3月卒業の高校生は、コロナ禍の影響で様々な活動が制限された高校生活を余儀なくされてきました。課外活動や校外学習といった体験的な学習や、学外の人と交流する学びが十分に行われていません。また、近年は家庭の学校への依存が高くなっていることも指摘されています。
大学は、教育制度を超えたこられの変化にどのように対応できるのか、またしなければならないのか、参加者と一緒に考える機会を提供します。

会場
愛知大学 名古屋キャンパス(〒453-8777 名古屋市中村区平池町4-60-6)
アクセス:「名古屋」駅より徒歩約10分
日程
2022(令和4)年8月23日(火)~8月25日(木)
プログラム
23日 口頭発表 総会 専門部会
24日
・総会 ポスター発表
・基調講演:「学校リスクの「見える化」活動:コロナ禍から高校生・大学生・教員の安全と安心を考える)」
講演者:名古屋大学大学院教授 内田 良(うちだ りょう)氏
・特別講演
講演者:学校法人河合塾 玉置 全人(たまおき まさと)氏
25日 口頭発表 専門部会
各種お知らせ

一般発表・事前申し込み
https://iap-jp.org/jade/conf/login.php
※当日の混雑緩和のため、事前の参加申し込みにご協力をお願いいたします。
PDF一般研究発表の申込みについて

早期の参加申込みについて
早期に参加申込みをされると、割り引かれた大会参加費(¥6000→¥5500)による事前支払いが出来ますので、ご利用下さい。(会員に限ります)
参加費の支払い方法は、(a)郵便振り込みと(b)クレジット払いがあります。

研究発表を予定されている方へ
予稿集の書式(日本語)はこちらからご確認ください。
予稿集の書式(英語)はこちらからご確認ください。

※大会発表優秀賞について
大会発表の質向上を目指し、優秀賞を選定いたします。予稿集原稿および当日の発表(ポスター発表を含む)を総合的に審査し,分野ごとに表彰いたします。すべての発表者が対象となります。

出展・広告の申し込みについて
PDF 賛助会員ご案内について
PDF出展・デモセッション等申し込み書

重要な期日
4月8日(金)各種申込みの開始
・一般研究発表申込み(口頭発表,ポスター発表)
・事前参加申込み(全国大会,情報交換会)
・企業展示、ポスター・デモ発表の申込み
5月24日(火)17:00(17日(火)より延長)一般研究発表(口頭発表,ポスター発表)の申込み締め切り
6月3日(金)一般研究発表の採否の通知(予定)
6月6日(月)17:00企業展示の申込み締め切り
6月27日(月)17:00予稿集原稿の提出締め切り
7月1日(金)17:00申込みキャンセルによる返金申し出の期限
8月2日(火)17:00事前参加申込み(郵便振替の方)の締め切り(入金締切8月3日)
8月5日(金)17:00事前参加申込み(クレジット支払いの方)の締め切り
お問合せ先
日本リメディアル教育学会 大会ヘルプデスク
jade-desk _at_ bunken.co.jp( _at_ をアットマークに書き換えてください)
PAGETOP